[公務員試験]文章理解の解き方やコツが学べるおすすめ過去問参考書

文章理解の解き方やコツが学べるおすすめ過去問参考書の紹介や過去問参考書で勉強したときの私の体験談を記載しております。

文章理解で時間配分や解き方が分からないという方や、勉強してるけど中々正解できないという方はおすすめです。

文章理解の解き方やコツが学べるおすすめ過去問参考書

文章理解の解き方やコツで悩まれている方や、文章理解の正答率が良くない、時間がとてもかかるという方に「文章理解直観ルールブック」がおすすめです。

文章理解直観ルールブックは現代文および英語、古文において、解くためのコツやパターンなどについて記載されています。

また、過去問を用いて実際にどういうところに着目して答えを導くのかが、わかりやすく記述されており、理解しやすいです。

良く目にするのが問題文を先に読むというのがありますが、直観ルールブックはそれだけでなく具体的に接続詞などから答えになる部分を導きます。

私の体験談については下記に書いていますが、私はあまり現代文を勉強したことがなかったため、基本的なことなのかもしれませんが、この接続詞から理解するのは初めて知りました。

試してみると、私の場合正答率が各段に上がりました。

また、今まではじっくり問題文を読んで内容を理解していましたが、この方法で理解しながら読んで問題を解くと、今までよりも短い時間であまり悩むことなく解くことができるようになりました。

文章理解はあまりできませんでしたが、この過去問参考書で得意科目になりました。

文章理解の解き方やコツで悩んでいる方は一度試しに一読して解法を試してみるのをおすすめします。

文章理解の解き方やコツがわからずできなかったときの体験談

文章理解は公務員試験の教養科目の中でも出題数が多いため、早いうちからコツコツ勉強していこうと思っていました。

文章理解の古文については、中学高校のときに勉強していなかったこと、出題数が1,2問程度であり出題されないこともあるため、勉強しないことに決めていました。

そのため、文章理解では現代文と英語を勉強していました。

私は中学高校のときから現代文はほとんど勉強したことがありませんでした。英語については大学受験のために、単語は暗記しましたが文章を読み取る力はついていませんでした。

そのため、文章理解はコツコツ勉強しなければならないと思いました。

文章理解はコツコツ勉強していれば何とかなるだろうと思っていました。しかし、年が明けても中々正答率が上がりませんでした。

現代文については時間をかけて理解したつもりであっても、2択までは絞れるけど確実な正解はできませんでした。

過去問500で模試試験のように解いてみて、教養科目の何が足りなくて6割をギリギリ超えないのかを分析してみると、文章理解が原因であることがわかりました。

文章理解についてはどうしたら解けるようになるのかをスー過去で解き方の部分や、インターネットで「公務員試験 文章理解 解き方」、「公務員試験 文章理解 コツ」をいっぱい調べていました。

スー過去やネットでよく目にしたのは、問題を先に読みましょうということがよく書かれていました。

しかし、問題を読んだところで正答率は上がりませんでした。文章を読んでいるうちに問題文を忘れることもありました。

文章理解はどうしたら解けるようになるのか、一番悩んだ科目だと思います。

勉強してもできるようにならないということで焦りました。

そんなとき、受験年度の3月頃に文章理解直観ルールブックを本屋で見つけました。

文章理解直観ルールブックは解き方が具体的に記載されており、その通りに直観ルールブックの練習問題を解いてみると正解できました。

実際の試験でも同じように解法が使えるのか心配でしたが、スー過去の問題も同様にして解いてみるとかなり正答率が上がりました。

私が解き方の基本的なことを知らなかっただけかもしれませんが、とても感動しました。

私が文章理解直観ルールブックを購入が少し遅く、受験年度の3月であったため、時間があまりなく十分にこなすことができませんでした。

文章理解を勉強するときに、最初に勉強したかった参考書だと思いました。

ですが、短い期間でしたが得られた効果はとても大きかったです。

直観ルールブックを勉強していくうちに、文章理解の正答率は上がり得意科目になりました。

現代文と英語を一日1題ずつは最低解くようにしました。1周終わったら2周目にとりかかり、しっかり解法を定着させるようにしました。

文章理解のおすすめの勉強方法

文章理解の出題数、難易度、重要度について、また、自分の文章理解の試験や勉強の体験から文章理解ではどのように勉強するのが良いかなどについてこちらの記事にまとめております。

文章理解のおすすめ過去問参考書と勉強方法

試験まで、1周と2周目の途中までしか勉強することはできませんでした。

また、こちらの文章理解の記事も見て頂ければ幸いです。

文章理解の勉強時間と勉強方法体験談

その他おすすめページ

おすすめ参考書と過去問のまとめ:各科目の過去問参考書のおすすめとそれぞれの使ってみての感想や体験談などを記載しております。

予備校に通うのと独学どちらがおすすめか??:独学で勉強するかどうか迷っている方にそれぞれのメリットやどちらがおすすめかについて記載しております。

私の全科目の勉強時間体験談:試験までの各月の各科目勉強時間についてまとめております。

面接試験はオーダースーツや自分に合ったスーツがおすすめ:説明会や面接試験ではスーツが必要になります。オーダースーツは自分に合ったサイズを作ってくれるので、ジャストフィットでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました