普通の人が特化型ブログで稼ぐことはできるか?六ヶ月目の体験記と結果!

資産形成

最初に雑記ブログを立ち上げ、上手くいかず次に作成したブログが特化型ブログでした。

二回目のブログ運営で特化型ブログを作成したときの体験記を記載しております。

六ヶ月が経過したときのブログ記録を記載しております。

運営していた特化型ブログは資格系のブログを運営していました。

アクセス数(見られたページの数)、記事数、収益などについて記載しております。

この記録の特化型ブログは現在削除しておりますが、自分のような普通の人がブログに取り組むときの参考になればと思います。

この特化型ブログはwordpressで運営しておりました。独自ドメインとサーバーは「レンタルサーバー エックスサーバー」、「Xserverドメイン」で完結できて簡単で良質だったため、Xサーバーを利用していました。

特化型ブログ六ヶ月目の体験記と結果

五ヶ月目の作成記事数:21記事

五ヶ月目の合計アクセス数:10110pv

1日の最大アクセス数:610pv

1日の最低アクセス数:175pv

収益:275円程度

六ヶ月目の作成記事数:10記事

六ヶ月目の合計アクセス数:6030pv

1日の最大アクセス数:550pv

1日の最低アクセス数:130pv

収益:344円程度

アクセス数について

五ヶ月目も順調にアクセス数が増えており、月1万pvを達成することができていました。

しかし、六ヶ月目ではアクセスが減少してしまいました。

この原因は資格試験が終わってしまい次第にアクセス数が減少してしまったためです。

記事数を更新しているにも関わらず、アクセス数が減少してしまっているのがショックでした。

また、季節性でアクセス数が上昇していただけだとすると、これからアクセス数が減少してしまうのではないかと不安になりました。

記事数について

五ヶ月目まではアクセス数が上昇していることもあり、モチベーションを高く維持することができていました。

ですが、六ヶ月目からアクセス数が伸びないこともありモチベーションが低下してしまいました。

また、五ヶ月目の経験からアクセス数があっても全然稼げないことから、ブログを諦め始めていました。

そのため、ブログに費やす時間も減り10記事しか作成することができませんでした。

六ヶ月目の合計記事数:157記事

収益について

五ヶ月目の収益内訳

A8.net:0円程度

もしもアフィリエイト:275円程度

(もしもアフィリエイトASP:収益0円程度

amazonアフィリエイト:クリック数80 収益110円程度

楽天アフィリエイト:クリック数22 収益0円程度)

合計:275円程度

六ヶ月目の収益内訳

A8.net:0円程度

もしもアフィリエイト:344円程度

(もしもアフィリエイトASP:収益0円程度

amazonアフィリエイト:クリック数48 収益110円程度

楽天アフィリエイト:クリック数7 収益0円程度)

合計:344円程度

五ヶ月目は広告をたくさん貼付けていましたが、六ヶ月目は色々迷走して結局必要なところにのみ広告を貼付けることにしました。

五ヶ月目よりもアクセス数は減少しましたが、収益は伸びました。

少しですが、記事設計ができ始めたのかもしれません。

ですが、もしもアフィリエイトが成約しやすかったです。

もしもアフィリエイトでは、楽天アフィリエイトだけでなく、amazonやyahooアフィリエイト広告を一緒に表示することができます。

そのため、もしもアフィリエイトは収益を出しやすく初心者の方におすすめです!

もしもアフィリエイトはamazonや楽天の広告リンクを貼ることができ初心者の方でも初収益を上げやすいのでおすすめです。

また、amazonアソシエイトより審査が通りやすいみたいです。

私はもしもアフィリエイトを愛用しています。

また、すぐに収益出すのは難しいかもしれませんが、A8.net アクセストレードに早めに登録しておくと便利です。

広告数が多く将来的に登録することになると思うので、早いうちから見ておくと良いです。

アフィリエイトのアクセストレード

六ヶ月目の特化型ブログ結果の感想と振り返り

五ヶ月目に資格試験が終わり、六ヶ月目ではアクセス数が減少してしまったことにショックを受けました。

記事数を増やしているのに対してアクセス数が減少することはモチベーションにもかなり影響していました。

また、アクセス数はまだ6000pvほどありましたが、収益は1000円も超えることができず、このまま続けても難しいのではないかと思い始めました。

特化型ブログでの一番の学びはアクセス数も大事だけれども、物販やサービスを紹介する記事設計やジャンルでないと、稼ぎにくいということがわかりました。

ただ広告などを貼り付けてクリックされても読み手に関心がなければ、購入やサービスを利用して頂くことはできないということがわかりました。

読み手の気持ちを考えるということが二つ目のブログ運営においても、まだ欠落していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました