公務員予備校は無駄?落ちる人もいるけど予備校に通うこと方がおすすめ!

予備校


「公務員予備校に通わないと合格できないのだろうか??」

「google検索すると「予備校 無駄」が出てきて予備校通わない方が良いだろうか??」

情報が多すぎてどれが正しいのかしら…


私も公務員試験の受験を決めたときに上記のような不安や疑問はありました。

実際どうなのかわかりませんでしたが、独学の不安もあり予備校に通うことに決めました。

そして、公務員試験の内容や上記の無駄と言われる理由などについて、通ってからようやく少しずつ理解していきました。

予備校が無駄と言われるのは予備校に通っても落ちる人も多く、予備校の授業が必ずしも効率的ではないからです。

ただ、私は予備校では同じ目標の仲間ができたり、模試や面接のサポートが充実しているため、独学よりは予備校に通う方がおすすめで無駄だと思いません。


公務員予備校は無駄なのか?!

公務員予備校の無駄と言われることが多いのも事実です。

公務員予備校の授業や言う通りにしていれば合格できると期待される方も多いと思います。

しかし、公務員予備校の授業は効率が悪いと思いました。

また、それにより非効率な勉強となり、落ちることもあります。

実際、予備校に通っても4割くらいの方は筆記試験で不合格でした。

予備校の授業だけでは合格は難しく、またかえって非効率になる場合もあるため、無駄と言われます


予備校生が期待しているところが得られない場合があるのが理由かなと思います。

■予備校に通っても合格できるとは限らない (不合格者になる割合が意外と多い)

■予備校の勉強では非効率


予備校に通うことで、安心して主体性がなくなってしまうことがあります。

そして、予備校の授業やテキストでの復習が効率が良いとは言えないことも多く、結果不合格になることがあります。

ただ、予備校にはメリットもたくさんあるので、私は予備校に通うことがおすすめです。

独学だと、どうしても不安がたくさんあります。

また、途中で予備校に通うことになるなら、早いうちから通っていた方が仲間も作りやすいです。

予備校の費用はかかりますが、公務員で二年、三年と受験を繰り返すよりは、公務員試験に最善で臨む方が良いと思っています。

予備校の無駄と考えられる部分はありますが、良いところを上手く利用することがおすすめです。

私は途中から授業に出席せず、自習室で勉強するようにしました。

面接ではガッツリお世話になりました。

独学と予備校のどちらでも主体性が非常に重要!

公務員予備校に任せられると楽ですが、上記デメリットがあります。

そのため、自分で考えることが大切だと思います。

例えば、

・効率的な勉強をするためにはどうしたら良いのか?

公務員予備校の授業で受かるのか?

・良い過去問と参考書はどれか?

公務員試験に落ちた場合にどうするか?

などです。

すぐにこれらを焦って考える必要はないと思いますが、勉強をしながら情報収集をしてじっくり自分で考えると良いと思います。

また、公務員試験の内容を理解することが非常に重要です!

公務員試験にも色々と種類があります。

公務員試験の受験先によって必要科目や出題数が異なります。

自分の受験先で出題数が多い科目を優先的に勉強することが効率的です。

自分で調べるときに公務員試験の本を購入するのも良いですが、試験内容の理解には「クレアール」の無料資料請求でもらえる「公務員試験入門ハンドブック」がおすすめです。

公務員試験の内容や上記のような勉強方法の疑問、合格者の体験談や、試験の種類や出題数などについてなどについて非常にわかりやすくまとめてあります。



公務員試験大卒の一次試験を効率よく最短合格の勉強方法はこちらにまとめております。



また、おすすめ過去問題集や参考書はこちらにまとめております。


タイトルとURLをコピーしました