勉強方法!ノートの使い方について!

公務員試験の勉強でノートを使って暗記などを行う方もいると思います。しかし、公務員試験では、多くの科目があり、また、量もとても多いため、ノートで書いて覚えるのでは効率が悪いと思います。詳しくはこちらをご覧ください。

私の場合、ノートの使うのは、経済学などの計算問題と数的処理・判断推理しか使いませんでした。以下に実際に私が書いたノートの写真などを載せています。

私の勉強方法!ノートの使い方について

私にとってのノートは雑用紙のようなものでした。綺麗に書いてまとめるということはしませんでした。計算問題を解くための計算用紙でした。

学校の授業のように、ノートの提出もなければ、後で見返すのに必要でもないので、綺麗に書く必要はないと思いました。実際の試験と同様にして書けば良いと思いました。また、始めた頃は、書いて覚えていましたが、書いていてはとても試験までに科目を終えることができないと思い、計算が必要な科目のみにノートを使いました。

そのため、以下のようにかなり雑な使い方をして、スピーディーに解くために使っていました。また、少しかもしれませんが、綺麗に書くよりも、素早く多くの問題を解くことができると思います。

予備校の授業では、テキストがあり、そちらに書き込むことが多かったです。予備校の授業での数的処理・判断推理では、以下のような使い方をしていました。授業でわかりやすい解説の場合は、テキストにメモしていました。

ノートの必要性について

このような使い方ならば、雑用紙でも問題ないかも気もします。しかし、雑用紙を集める必要がある、雑用紙はかさばる、捨てることになるという理由からノートを使っていました。

数的処理・判断推理では、大量に計算するため、広告の裏紙などを数多く集めるのは少し手間がかかります。また、計算した後にカバンに入れたりすると、かさばります。

雑用紙の場合は計算して書くことがなくなると捨てることになると思います。しかし、ノートであれば、記念にとっておくことができ、これだけ頑張ったんだという証が残ります。

また、モチベーションとしてもノートの方が私の場合はモチベーションが上がりました。特に、ノートの1冊もう少し終えそうなときは少しテンションが上がりました。

雑な使い方にはなりますが、こちらの大人なキャンパスはかっこよくて私はかなり好きでした。

その他ノートの使い方

私の場合、ノートは何でも記入用だったため、メモやこれからのスケジュールの記入などについても使っていました。説明会のメモは小さめのノートを使っていました。

これからの勉強や今月の勉強でスー過去をどこまでやるかなどについての考えをまとめるのにもこのノートを使用していました。予定なども計算ノートと一緒に分けることなく、使用していました。

その他、過去問500で実際と同じように時間を測って解くときの解答用紙としての役割としても使用していました。

おすすめのノート

大人ノートの黒色のこちらのノートがおすすめです!

コクヨ キャンパスノートの黒色です。

私が見つけたのは、受験勉強をしている途中からだったので、途中から使用しました。表紙の黒色がとてもクールでカッコイイです!ノートはマス目もあり、また、書きやすいのでおすすめです。モチベーションが購入したときはとても上がりました。

まとめ

ノートの使い方は人それぞれですが、見返すのでなければ、このようなノートの使い方で、スピードが上がるかもしれません。興味があれば、参考にして今までの使い方と比較してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました