合格におすすめの公務員予備校はどこ?!

予備校

公務員予備校をネットで調べると様々な専門学校あるいは予備校があることがわかります。

これから公務員試験を受験する方にとって、何を基準にしてどの公務員学校や予備校が良いか、わからず悩む方も多いのではないでしょうか。

私自身、公務員試験を受験しようと決めた際には非常に悩みました。

公務員試験を終えた私のおすすめは大手の公務員専門学校および公務員予備校です。

以下、その理由とそのほか選ぶ際のポイント、資料請求の活用などを記載しています。

おすすめの公務員予備校はこちら!

各公務員専門学校や予備校の授業やテキストの質などの少なからず差異があります。

同じ時間を費やすなら、なるべく質の高い授業の方が良いです。

大手公務員専門学校や予備校は、授業の質も高いことが多いためおすすめです。

また、大手に入校すると同じ受験生も多く、実績もあるため安心できると思います。

以下、おすすめの大手予備校になります。

おすすめの予備校を紹介しましたが、このほか自習室の環境や距離などの利便性も考慮して決めることをおすすめします。

また、公務員試験では専門学校や予備校に通うだけで合格することは難しく、自分で過去問を使った学習することなどが大切です。

以下、過去問の重要性とおすすめ一覧についてこちらのページに記載しております。

オンラインや通信制などを検討されている方もいらっしゃると思いますが、私は予備校に通う方がおすすめです。

無料資料請求をすべき理由!

公務員専門学校や予備校を決めるときには無料資料請求で比較検討することがおすすめです。

費用は決して安くはありません。

(私の場合、国家公務員試験と市役所などのコースで過去問本は別で30-40万円程度の料金でした。)

そのため、資料請求で雰囲気や金額などを比較すると良いと思います。

また、公務員試験の制度や必要科目、どのようなことを勉強するか、授業の方法などについて、わかりやすくまとめた資料を頂けます。

公務員試験は試験種による違いや科目数が多いことなどから、試験内容を把握するのが難しいため、概要理解に非常に役に立ちます。

通える範囲に大手予備校がいくつかあるときにはそれらの資料請求しておくと良いと思います。

資料請求で公務員試験の制度の概要を理解し質問事項をまとめてから、各予備校の授業体験や説明を実際に聞きに行くと良いと思います。

以下、各大手公務員専門学校や予備校のリンクになります。

下記をクリックすると資料請求やホームページを見ることができます。

通える公務員専門学校や予備校があるか確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました