合格におすすめの公務員予備校はここだ!費用を安く抑える方法も紹介!

予備校

公務員予備校をどこにするかで悩んでいませんか??

ネットの情報だとどの情報が確かかわかりづらい部分ありますよね…


公務員予備校をネットで調べると様々な専門学校あるいは予備校があります。

公務員予備校のランキングなどを見ると、サイトによって順位が異なることが多いです。

また、評判や口コミを見ると、良い評判もあれば悪い口コミもあり、結局どこの予備校が良いのかわかりづらいです。

私自身、公務員試験を受験しようと決めた際には非常に悩みました。

公務員試験を終えて、私が思うのは大手予備校であればそこまで差異もなくおすすめです。

大手予備校がおすすめの理由

・大手であれば合格率にそれほど差異がない

・同じ志の受講人数が多く安心 ⇒ 友達ができれば情報共有できる

・多くの受験生が大手予備校に通って公務員試験を受ける⇒同じフィールドで試験に臨める

・不足のサービスで苦労が少ない(模試試験や面接対策が充実)

・試験データ(面接データ)が充実



私は大手である「資格の大栄」に通っていました。

「資格の大栄」も公務員受験生におすすめできる予備校です。



ホームページでは載っていない情報も多いので、資料請求がおすすめです!

資料請求は無料です!



おすすめの公務員予備校はここだ!

公務員予備校は大手の予備校がおすすめです。

下記、大手予備校がおすすめの理由です。

大手予備校がおすすめの理由

・大手であれば合格率にそれほど差異がない

・同じ志の受講人数が多く安心 ⇒ 友達ができれば情報共有できる

・多くの受験生が大手予備校に通って公務員試験を受ける⇒同じフィールドで試験に臨める

・不足のサービスで苦労が少ない(模試試験や面接対策が充実)

・試験データ(面接データ)が充実


大手予備校に通う一番の利点は不安が少なくなる点だと感じました。

多くの受験生が大手予備校に通って、公務員試験を受験します。

また、大手に入校すると同じ受験生も多く、実績もあるため安心できると思います。

以下、おすすめの大手予備校になります。



おすすめの予備校を紹介しましたが、このほか自習室の環境や距離などの利便性も考慮して決めることをおすすめします。


予備校を選ぶときの見るべきポイントについてはこちらにまとめています。



また、予備校を決めることと並行して、勉強をする前に公務員試験の内容やどの試験を受験できるかなどを理解しておくことが重要です。

以下で解説している予備校の受講コースを選ぶ際にも自分にどれが必要なのかというのは試験内容を理解しておかなければ判断できません。

しかし、公務員試験の受験制度の理解は複雑で難しいです。

試験内容や試験科目の理解はホームページなどを見ても理解が難しいです。

そこでおすすめなのは公務員試験の本を購入するのも良いですが、概要理解には「クレアール」の無料資料請求でもらえる「公務員試験入門ハンドブック」がおすすめです。

公務員試験などについて非常にわかりやすくまとめてあります。


費用を安く抑える方法!

公務員予備校(大卒試験)では受講の科目数や授業数によってコースがいくつか用意されています。

コースは様々で、社会人の方向けに土日のみのコースがあったり、試験種別のコース、教養科目のみのコースなど予備校によっても様々です。

一般に授業数が少ない方が安いです。

安いコースだと30万円程度(通常30-60万円程度)に抑えることができます。

高いコースの方が合格しやすいのではないか?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

試験を終えて公務員予備校は通って良かったが、安いコースで十分だと思いました。

特に公務員試験の受験が二年目以降の方は特に授業数が少なく安いコースがおすすめです。

私は公務員試験のことも十分わかっていなかったため、一般的なコースを選択しました。

高いコースと安いコースの違いは授業科目数や授業数の違いにありました。

安いコースは土日のみの授業や、教養または専門科目だけのコース、主要科目コースなどがありました。


教養または専門科目のみのコースにすると、模試試験が教養または専門科目のみになってしまう場合があります。

試験でどちらも必要な場合、模試試験もどちらも受講した方が良いです。

そのため、どちらも必要な場合は教養または専門科目だけのコースよりも、主要科目コースがあれば主要科目コースがおすすめです。

授業数が少なくても面接対策は受講できます。

公務員予備校に通っているうちに、授業が必ずしも効率的ではないことに気付きました。

つまり、授業数が多いからといって合格できるわけではありません。

自分で勉強することが一番大切だと思いました。



私の場合、ほとんど授業は出席せず自習室で勉強していました…

そのため、公務員予備校は安いコースで十分大丈夫です!

ただ、予備校に通うことによるメリットもたくさんあったため、予備校に通った方が良いと思います。

予備校に通って良かったメリット

・面接対策してもらえる

・模試の受験が定期的に受験できた

・不安の解消

・自習室で集中

・周りの真剣さに感化される

など



独学よりも予備校に通う方がおすすめの理由やメリットとデメリットの比較をこちらに書いてます。



おすすめの公務員予備校と費用が安いコース


授業数が少なくて費用の安いコースで十分だと思った方は以下の大手予備校にどんなコースがあるか確認することがおすすめです。


資料請求で良いなと思ったら、実際に教室に行って説明を受け、授業体験などさせていただくことをおすすめします。

会社が同じでも地域や校舎によって講座やコースに差異がある場合があるためです。

また、以下の公務員予備校では1年コースであり、かつ、費用抑えめなコースがあります。

費用が安いコースには短期学習と授業数は少ないが1年コースがあります。

短期学習は試験まで期間がない場合には良いと思います。

試験まで期間がある場合は短期コースではなく1年の期間で授業数が少なく安いコースがおすすめです。

授業数が少なく、かつ、主要科目に絞ったコースが特におすすめです。


以下特におすすめの予備校です。

地域や校舎によって差異が講座やコースに差異がある場合があるため、主要科目コースや割安なコースがあるか確認し費用の比較検討がおすすめです。

どのようなコースがあるか、料金については無料資料請求の資料が大変わかりやすいです。

資格スクール大栄:主要科目コースが特におすすめ、短期コースあり

公務員合格なら大原:、短期コースなどがある

LEC東京リーガルマインド :教養のみコースなどがある


また、選ぶときは予備校の通いやすさも重要です。

私は通信やwebよりも通学の方が予備校のメリットを教授できるため通えるところが良いと思います。

資料請求で比較検討すべき理由


公務員専門学校や予備校を決めるときには無料資料請求で比較検討することがおすすめです。

費用は決して安くはありません。

(私の場合、国家公務員試験と市役所などのコースで過去問本は別で30-40万円程度の料金でした。)

そのため、資料請求で雰囲気や金額などを比較すると良いと思います。

キャンペーンなどしている可能性もあるため、資料請求で情報収集しておくと良いと思います。

また、公務員試験をこれから受験しようとする方は、試験制度や必要科目、どのようなことを勉強するか、授業の方法などについて、わかりやすくまとめた資料を頂けます。

公務員試験は試験種による違いや科目数が多いことなどから、試験内容を把握するのが難しいため、概要理解に非常に役に立ちます。

通える範囲に大手予備校がいくつかあるときにはそれらの資料請求しておくと良いと思います。

資料請求で公務員試験の制度の概要を理解し質問事項をまとめてから、各予備校の授業体験や説明を実際に聞きに行くと良いと思います。

下記をクリックすると資料請求方法やホームページを見ることができます。

通える公務員専門学校や予備校があるか確認してみてください。



予備校で勉強するときの注意点

公務員試験では専門学校や予備校に通うだけで合格することは難しく自分で過去問を使った学習することなどが大切です。



下記では公務員試験(大卒)での予備校に通っていると失敗しがちな点に注意して、合格レベルに早くたどり着くための道しるべを記載しております。



また、公務員試験では参考書選びは非常に重要であり、こちらにまとめております。

タイトルとURLをコピーしました