自然科学の出題数と難しさと重要度を解説!

公務員試験では自然科学が出題されます。

大卒での自然科学では大学受験程度の高校生のときに勉強した理科の科目が出題されます。

自然科学の出題数、難易度、重要度を記載しています。

自然科学について

公務員試験の大卒程度の教養科目として出題される自然科学は、主に高校生のときに勉強した物理、化学、生物、数学、地学がまとめて自然科学という枠で出題されます。参考書では自然科学というように出版されています。

物理、化学、生物などのそれぞれの教科の範囲は、高校生で勉強した範囲やセンター試験の範囲と同等レベルの範囲があり、大変範囲が広いです。

ただ難易度についてはセンター試験よりは易しいと思います。そのため、自然科学は大学受験でセンター試験をしっかり勉強していた方が有利な科目となります。

公務員試験の大卒程度であっても、国家一般職や地方上級(市役所)や国家総合職などで、それぞれ出題数は異なります。また、自然科学の中での物理、化学、生物、数学、地学の出題数は少し異なっております。

そのため、自然科学の重要度は試験によってわずかに重要度は異なってきます。また、受験試験によって自然科学の中での物理、化学などの教科の重要度もわずかに異なります。

試験によって出題数などは異なりますが、どの試験においても出題数は教養科目の中で多くはありません。そのため、大学受験でセンター試験の勉強をあまりしてなかった方や、受験していない方、理数系が苦手な方でも心配する必要はありません。

重要度がそこまで高くないため、計算問題や理解が難しい範囲については捨て範囲として諦めも大切です。

捨て科目にすると、勘のみとなってしまい平均して自然科学の得点率が低くなってしまいます。出題数が1,2問ならばそれほど差し支えないと思います。

しかし、3問以上出題されるため、安定して合格ラインに到達するために、全く勉強しないとするよりも私は捨て範囲の方をおすすめします。出題数が高そうな範囲だけ勉強するのがおすすめです。

自然科学のより詳しいおすすめの勉強方法について以下に記載います。

自然科学の捨てるより捨て範囲を作るおすすめ勉強方法!

自然科学の出題数

各試験における出題数は以下のようになっています。

国家一般職 

数学 0問/40問

物理 1問/40問

化学 1問/40問

生物 1問/40問

地学 0or1問/40問

合計3問

国税専門官・労働基準監督官

数学 0問/40問

物理 1問/40問

化学 1問/40問

生物 0or1問/40問

地学 0or1問/40問

合計3問程度

地方上級(市役所)

市役所により出題数や出題教科に違いがあります。私が受験した地方上級(A日程)の自治体では、自然科学5問の出題でした。

ただし、全体が教養科目の全体50問の中から40問を選択して解答という形式でした。全体が多い分問題数も多くありましたが、自然科学が分からない人でも捨てられるようになっていました。

自然科学の難易度

私の思う自然科学の難易度は以下です。

★★★★☆

教養試験科目の中で正答率を上げるのが難しく、得点するのも難しい科目だと感じます。

難しい理由は範囲が広すぎるので覚えるのが困難である、点数に結びつけることが難しいです。

範囲が広い中で、各教科1問ずつ程度しか出題されないため、ピンポイントで正解するのはとても難しいです。

私が思う各教科の難易度については、物理>数学>化学>地学>生物です。

物理や数学は計算が含まれています。化学もほんの少し計算が含まれていますが、そこまで多くはありません。地学・生物・化学は暗記要素が強いです。

しかし、暗記量や暗記しやすさの順番として上記のようになるかなと思います。

これらは当然個人差があります。私の場合は大学で化学専攻だったこともあり、化学は一番簡単に感じましたが、他の科目は勉強したことがなく、とても難しく感じました。

自然科学の勉強には以下の「ダイレクトナビ」または「過去問解きまくり」勉強しやすくおすすめです。

自然科学はどちらか一方、自分に合う方で勉強すると良いです。

自然科学の重要度

私が思う自然科学の重要度は以下です。

★★☆☆☆

教養科目の中で、自然科学の重要度はそれほど高くないと思います。理由としては、勉強時間を増やしても、範囲がとても広く、各科目の出題数は少なく、正答率を上げるのが難しいからです。そのため、コストパフォーマンスが悪いです。

出題数が少ないので捨て範囲を作って最小限の勉強で得点できそうなところを拾うのが良いと思います。全ての教科を捨て科目にするのはもったいなく、安定して合格ラインを狙うには捨て範囲を作るのが有効だと思います。

勉強しすぎも時間効率が悪いためです。私の場合は化学・生物・物理・地学において頻出テーマのみを勉強しました。地学は出題数が少し低いため、とても頻出のテーマのみを勉強しました。

しかし、短期での合格を狙う場合には捨て科目としても支障はないと思います。

自然科学を勉強するよりも、もっと出題数が多く、コスパの良い数的処理と判断推理、文章理解、時事を勉強するほうがとても重要だと思います。

特に数学は地方上級以外ではほとんど出題されないので、得意でない場合は捨て科目にするのが良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました