スー過去を完璧にしたら合格できるか??スー過去だけで十分か??

受験生の方でスー過去を使って過去問の勉強をしている方は多いと思います。

私も始め、スー過去を使って勉強していましたが、これで本当に合格できるのかとても不安でした。

このページではスー過去だけで合格できるのか、スー過去だけで十分なのかということについて書いています。

スー過去を完璧にしたら合格できるのか??

私は過去問を使った勉強を始めて、始めは予備校の授業ではなく、過去問だけで合格できるのか、スー過去を完璧にすれば本当に合格できるのか、とても不安に感じていました。

しかし、模試試験や過去問500などを解いてその不安は少しずつ解消され、結果的に1次試験に合格できました。

試験を終えて思うのは、スー過去を6周以上して全問題解けて、理解できたら合格できる可能性は高いと思います。

また、予備校のテキストで勉強するよりも過去問での勉強の方が短時間で合格ラインまで到達できると考えております。

ただし、色々と注意点があると思います。以下に書いております。

①スー過去を完璧にするのにはかなりの時間が必要

スー過去を全科目問題が解けるようになって、理解できていれば合格できる可能性は高いです。

しかし、スー過去を全科目完璧に理解して解けるようになるには大変時間がかかると思います。

また、応用問題や難問レベルまで手をつけると、とても時間がかかります。

そのため、半年でスー過去を完璧にするのは少し難しいと思います。

スー過去を完璧にすると合格できる可能性は高いですが、スー過去での勉強をするだけでなく、効率的に勉強する必要があると思います。

例えば、教養科目では特に勉強範囲が広く自然科学、社会科学、人文科学などはまともに勉強していては大変時間がかかります。

そのときに、捨て範囲を作り頻出部分のみを勉強するなどして効率を高めるのが良いと思います。

効率の良い勉強方法についてはこちらに記載しております。

②科目によってはスー過去では不十分かもしれない

科目によってはスー過去では問題数が足りないことがあります。

そのため、その科目においては完璧にしても見たことのない問題が出題されることもあり、正解することができないことがあります。主に教養科目において注意が必要です。

ただ、スー過去で全科目完璧にした場合、②でスー過去では演習問題数が少なく不十分な科目があったとしても、公務員試験は合計で6-7割得点を取れれば一次試験は合格できるラインなため、合格できる可能性は高いと思います。

③科目によっては効率的ではない

科目によってはスー過去での勉強より他の参考書の方が効率的な場合や、暗記では対応が難しい科目でありスー過去は理解が難しいという場合は、スー過去による勉強が効率的ではないことがあります。

公務員試験では範囲が広く勉強効率によって合格ラインまでの勉強時間は大きく異なってくると思います。

勉強効率はとても重要であり、全ての科目をスー過去で勉強するよりは少し面倒ですが、各科目で良書の過去問参考書で勉強すると、より効率的に勉強できると思います。

私が全ての科目をスー過去で勉強していたときの体験談

私は過去問での勉強を始めたとき、全ての科目をスー過去で勉強しようとしていました。

しかし、色々と調べていくうちにスー過去よりも科目によって良い参考書の場合があることを知り、他の参考書を使用してスー過去よりも良いということがわかりました。

私がスー過去のみで勉強しようとして失敗だったことや、参考書を何冊も購入して失敗だった体験談についてはこちらに記載しております。

公務員試験の過去問参考書を何冊も買って失敗だった!失敗しないためには??

スー過去以外の参考書も見るべき

結果的にスー過去を完璧に勉強すれば合格の可能性は高いですが、より合格の可能性を高め、効率的に勉強するためには、全科目をスー過去で統一するのではなく、各科目の効率の良い参考書での勉強がおすすめです。

スー過去がおすすめされている科目であればよいのですが、スー過去よりもおすすめの参考書がある科目の場合はそっちを使う方が効率は良いです。

また、スー過去などの参考書を勉強する場合には、基本レベルを中心に勉強していくのがおすすめです。応用レベルはその後でも十分だと思います。

私のおすすめする各科目の参考書やおすすめの勉強方法についてこちらにまとめております。

公務員試験合格のためにおすすめ参考書-予備校生も独学生も必見!-

その他おすすめページ

予備校に通うのと独学どちらがおすすめか??:独学で勉強するかどうか迷っている方にそれぞれのメリットやどちらがおすすめかについて記載しております。

私の全科目の勉強時間体験談:試験までの各月の各科目勉強時間についてまとめております。

面接試験はオーダースーツや自分に合ったスーツがおすすめ:説明会や面接試験ではスーツが必要になります。オーダースーツは自分に合ったサイズを作ってくれるので、ジャストフィットでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました