数的処理と判断推理の出題数や難しさと重要度を解説!

勉強方法

数的処理と判断推理は公務員試験の中で重要な科目になります。

公務員試験の全出題数に対して占める数的処理と判断推理の出題数などを記載しています。

また、難しさと重要度を解説しています。

数的処理と判断推理について

[数的処理]

数的処理と初めて聞いたら、数学なの?!と思われる方も多いかもしれません。文系の方や数式が苦手な方にとっては心配になる方もいるかもしれません。

ですが、高校生のときの数学とは少し違います。2次方程式やベクトルなどの難しい計算は出てきません。

公務員試験における数的推理は主に、小学生や中学生で学ぶ数学と算数がベースとなっています。そのため、あまり公式なども多くはありません。

中学受験のような問題やSPIに似た問題が多いような印象があります。

公務員試験における数的推理・判断推理は法律科目や社会科学などの過去問などで暗記する科目とは少し異なり、基礎から身に付ける必要がある科目だと思います。

ただ公式や問題の答えを覚えればいいというものではなく、その公式を用いると何がわかるのか、問題の解答がどういう過程で求められるのかをきちんと理解する必要があります。

毎日コツコツと勉強して、解法パターンを学びつつ、解くための着眼点などを養うことが大切だと思います。

なぜなら、実際の公務員試験では過去問問題集と同じような問題も出題されますが、少し変えたり、捻ったような出題もあるからです。

数的処理と判断推理共に出題数は他の科目よりも多く、最重要科目になると思いますので、自分のレベルにあった参考書でじっくり勉強するのがおすすめです。

数的処理は出題数も多くどの試験でも出題されるため苦手であっても捨て科目にすることは難しく、重要な科目だと思います。

逆に数的処理が得意だと教養科目での得点は安定して点数が取れるようになると思います。

理系の方も文系の方も数的処理には時間をかけて取り組むべき科目だと思います。

特に文系の方で数的処理が苦手だという方はより時間をかけて勉強すべきだと思います。

他の科目より点数が低い場合、その科目は逆に時間をかけると伸びしろがあるということですので(特に数的処理は問題数も多く伸びしろが大きい)、ぜひ苦手意識を持たず積極的に勉強してみることをおすすめします。

数的処理の勉強には下記の玉手箱がおすすめです。

玉手箱をじっくり勉強して解けるようになった後に畑中敦子のザ・ベストプラス(カンガルー本)がおすすめです。

[判断推理]

判断推理というのは、問題の問いから表をかいてまとめる、情報からこうだからこうと紐づけることなどによって、答えを導いていく科目です。

言葉ではイメージしにくいと思うので、実際に各公務員試験の出題例や、過去問を見てみると良いと思います。

公務員試験の予備校の文系の友人などと話をしたときに、数的処理よりも判断推理の方が得意という方が多く、判断推理の方が文系の方にとっても苦手意識は少ないのかもしれません。

判断推理も数的処理と同様に問題数が多くどの試験でも出題される科目であるため、捨て科目とすることは難しく重要な科目だと思います。

問題に慣れ、表のまとめかたや解き方のコツや解法パターン、発想力などを身につけるため数的処理と同様に時間をかけて取り組むべきだと思います。

判断推理も数的処理と同様に下記の玉手箱がおすすめです。

玉手箱をじっくり勉強して解けるようになった後に畑中敦子のザ・ベストプラス(カンガルー本)が良書です。

数的処理と判断推理の出題数

[数的処理の出題数]

各試験における出題数は以下のようになっています。

国家一般職 5問/40問

裁判所事務官 5問/40問

財務専門官・国税専門官 3問程度/40問

労働基準監督官 4問/40問

地方上級 4問程度 

[判断推理の出題数]

各試験における出題数は以下のようになっています。

国家一般職 7問/40問

裁判所事務官 8問/40問

財務専門官・国税専門官 8問/40問

労働基準監督官 8問/40問

地方上級 9問程度/40問

数的処理・判断推理のそれぞれ他の科目と比べても出題数は多いです。

数的処理と判断推理の難易度

私が思う数的処理と判断推理の難易度は以下です。

[数的処理の難易度]

★★★★☆(文系、数学苦手)

★★★☆☆(理系、数学や計算苦手ではない)

文系で数学が苦手な方はどうしても苦手意識を持っている方が多いです。

また、解法パターンを覚えても試験では少し変えられる場合や捻った問題もあり、解けない場合もあります。

似たようなパターンの場合には解法パターンを覚えていれば解けると思います。

私の感覚としては、地方上級(市役所大卒)は過去問参考書に近い問題が多く解きやすく、国家一般職や国家専門職は過去問参考書に近い問題もあるが、少し発想が必要であったり難しさのある問題がありました。

解法を覚えてるだけでは解けない問題もありますので、解法がどうしてそうなるのかを理解して繰り返し問題を解いて基礎や着眼点を養う必要があります。

この場合にはどうなるのだろうかなど、解説を読んで自分で考えながら勉強することも大切だと思います。

文系の方で数式や計算に慣れていない方は難しいと感じるかもしれません。

理系で数学が苦手でない方にとってはそこまで難しく感じないかもしれません。

方程式を使うことで、解くパターンも増え正答率が高まると思います。

初見でもある程度解けるかもしれませんが、公務員試験では数的推理と判断推理の出題数は多く、また、教養試験では時間との戦いになることも多く、早く解かなければいけません。

そのため、理系でも勉強する必要があると思います。

[判断推理の難易度]

私が思う判断推理の難易度

★★★☆☆(文系、数学苦手)

★★★☆☆(理系、数学や計算苦手ではない)

判断推理は文系の方にとっては数的処理よりは計算が少なくて苦手意識が少ないかもしれません。

数的処理と同等くらいの難易度ではないかと思います。

簡単ではないですが、過去問参考書で勉強していくとある程度は解けるようになると思います。

判断推理は解法パターンを覚え、また捻った問題の場合は発想が必要になります。

過去問参考書と同じような問題のときには解きやすいのですが、少しひねった問題のときには、中々思いつかないときもありました。

判断推理も数的処理と同様に理解しながら学習していく必要があると思います。

数的処理と判断推理の重要度

私が考える数的処理と判断推理の重要度は以下です。

★★★★★

数的処理と判断推理の重要度は教養科目の中でとても高いと思います。

数的処理と判断推理は教養科目の中で多くの出題数を占めています。

数的処理よりも判断推理が多めに出題されますが、数的処理も問題数は多いです。

そのため、数的処理・判断推理の重要度は高いです。

数的処理・判断推理の出題数は多いため、時間対効果は大きく、率先して勉強することがおすすめです。

数的処理と判断推理の得点率が高いと教養科目の合格点数に大きく近づけると思います。

ただ、数的処理と判断推理は暗記科目ではないため、すぐに点数が伸ばせない可能性もあります。

そのため、時間をかけて基礎からしっかり理解しながら勉強することが大事だと思います。

また、数的処理と判断推理は一気に勉強するよりも毎日コツコツ勉強していく方がおすすめです。

数的処理と判断推理のおすすめ勉強方法や体験談については下記に記載しております。

数的処理と判断推理ができないを克服するおすすめ勉強方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました