社会人が働きながら通うときのおすすめの公務員予備校とは??

社会人の方が転職で公務員になろうと思われる方は多いと思います。

私のいた予備校で社会人だった方には、社会人の方で働きながら予備校に通って合格したら辞める、または、試験前に辞めて公務員になろうと思われる方、辞めて公務員に集中して確実に合格を狙う方など様々でした。

このページでは社会人の方が働きながら公務員予備校に通うときにどのような予備校がおすすめなのかについて書いております。

すぐに今の仕事を辞めないが、途中で辞めて公務員試験に専念する場合には、下記におすすめ予備校について書いております。

▶今の仕事を辞めて公務員試験に専念する社会人におすすめの公務員予備校

地方上級大卒市役所、国家一般職、国家専門職(国税専門官や財務専門官)などの大卒試験向けで主に書いています。

働きながらの社会人の方におすすめの公務員予備校

働きながらの社会人の方が公務員を目指すのはとても大変なことだと思います。

大学生の方や、仕事を辞めて専念する方に比べて、確保できる勉強時間に限りがあると思います。

数年かけて公務員を目指すという場合には、勉強時間が確保できますが、多くの方はなるべく早く公務員に転職したいと思っていると思います。

働きながらの社会人の方にとって重要なのは、少ない時間で公務員試験に合格することだと思います。

公務員試験に効率的に勉強して最小の勉強時間で合格するために、公務員予備校に通うのが良いと思っております。

これは公務員予備校に通うことで効率的な授業が受けられるからというわけではありません。

むしろ、公務員予備校に通うのはおすすめですが、授業に出席する必要は必ずしも必要ではないと思っています。

公務員予備校の授業がなぜ受ける必要がないと思うのかについてはこちらの記事に記載しております。

また、公務員予備校の授業が大切ではないと思うのになぜ公務員予備校に通うのが試験合格におすすめなのかについてはこちらに記載しております。

そのため、働きながらの社会人の方にとって、公務員予備校の授業はそこまで重視しなくても良いと思います。

働きながらの社会人の方におすすめの予備校は授業数が少なく、また、自分にとって利便性の良い公務員予備校がおすすめです。

働きながらの社会人の方は平日の昼に授業があるコースは選択が難しいと思います。

土日のみ授業が受けられるコースがある公務員予備校を選ぶのが良いと思います。

また、少ない授業数の方が費用も安くなると思います。

働きながらの社会人の方は利便性を重視して選ぶのが良いと思います。

働きながらの社会人の方は勉強時間を確保することが大切です。

あまり利便性が悪いと、公務員予備校に行くまでに時間と労力を使うためおすすめではありません。

これらの条件で公務員予備校を決めるときには調べてから選ぶのが良いと思います。

公務員予備校の費用は安くはない(平均20-30万円程度)ため、資料請求や実際に予備校に行って雰囲気などを感じてみるのが良いと思います。

いくつか予備校があるときには資料請求しておくと良いと思います。

資料請求は無料であり、公務員試験がどんな試験でどのような科目を受験する必要があるかについて、わかりやすく概要を知ることができるのでおすすめです。

そのため、資料請求であらかじめ少し知識を得て、予備校を見に行くときに質問などを考えていくと良いと思います。

大手の公務員予備校には下記の予備校があります。

下記をクリックすると資料請求やホームページを見ることができます。

通える下記公務員予備校があればホームページなどを見てみるのが良いと思います。

アビバの公務員講座

本気になったら大原♪

法律資格・公務員試験のスクール【伊藤塾】

LEC東京リーガルマインド

その他おすすめページ

おすすめ参考書と過去問のまとめ:各科目の過去問参考書のおすすめとそれぞれの使ってみての感想や体験談などを記載しております。

予備校に通うのと独学どちらがおすすめか??:独学で勉強するかどうか迷っている方にそれぞれのメリットやどちらがおすすめかについて記載しております。

私の全科目の勉強時間体験談:試験までの各月の各科目勉強時間についてまとめております。

面接試験はオーダースーツや自分に合ったスーツがおすすめ:説明会や面接試験ではスーツが必要になります。オーダースーツは自分に合ったサイズを作ってくれるので、ジャストフィットでおすすめです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました