公務員試験(大卒)のリアルな受験勉強体験記「四ヶ月目」

1次試験体験談

私は公務員試験の地方上級(市役所上級)、国家一般職、財務専門官、裁判所事務官一般職、国家総合職試験に受験しました。

私が受験までに勉強した記録を残していましたので、その詳細な受験までの勉強時間とどの参考書にどれだけ費やしたかについて記載しております。

私が公務員試験の受験を決め、勉強を開始したのが9月になります。

このページでは勉強開始4ヶ月目の12月の記録を記載しております。

四ヶ月目(12月)の勉強時間

12月の合計勉強時間 82時間49分

12月の1日の平均勉強時間 約2.8時間

四ヶ月目 (12月)の各教材勉強時間

科目参考書勉強時間
民法Ⅰ郷原豊茂の民法まるごと生中継<1>6時間3分
民法Ⅰスー過去6時間26分
憲法スー過去8時間17分
行政法スー過去3時間39分
人文科学スー過去23分
生物・地学ダイレクトナビ2時間18分
日本史ダイレクトナビ6時間20分
世界史ダイレクトナビ19分
地理ダイレクトナビ6分
数的処理畑中敦子の数的推理ザ・ベスト・プラス6時間10分
文章理解スー過去19分
ミクロ経済学スー過去7時間57分
マクロ経済学スー過去13時間23分
英語速読速聴・英単語 Core1900ver.441分
数的判断など予備校授業4時間42分
経済学予備校授業2時間30分
模試試験5時間5分
判断推理予備校テキスト2時間55分
経済学予備校テキスト2時間30分
数的処理予備校テキスト5時間9分
合計82時間49分

勉強四ヶ月目(12月)の振り返り

勉強開始四ヶ月目の12月は勉強時間が82時間程度でした。

11月よりは勉強できていますが、1日3時間以下で少なすぎでした。

12月は11月までバイトしていましたが、バイトを辞めて勉強に集中したいと思いました。

自分にはバイトと勉強の両立は難しかったです。

バイトの方にはすぐに辞めてしまい、すごく申し訳なかった…

12月の勉強では、試験までの日にちも少なくなっていることから、まずは合格点に達するための勉強が必要だと感じました。

そのため、とりあえず出題数の多い科目から中心に勉強するように方向性を修正できたのは良かったです。

民法はスー過去で2-3周と勉強しましたが、理解できていないところが多かったです。

そこで、「まるごと生中継」を購入し学習することで、基礎的な語句の意味などについて知り、理解を深められました。

民法や行政法では「まるごと生中継」がわかりやすいということを知り、良かったなと思いました。



公務員試験はとても学習範囲が広く効率よく勉強できるかどうかがとても重要です。

効率よく勉強するために参考書選びは非常に重要だと思います。また、参考書は早いうちに確立し何度も繰り返して身につけましょう!

私が使ってみて、または知人などに聞いておすすめの参考書や過去問などについて、こちらにまとめておりますのでご参考いただけますと幸いです。



五ヶ月目(1月)の続きの体験談はこちらになります。

タイトルとURLをコピーしました